損害賠償額を決定するうえで、示談交渉を行うことになります。示談交渉は被害者の好きなタイミングで行うことができます。ただし行う前に十分な準備をしておくことが示談交渉をうまくすすめるポイントになります。通常被害者の側から、賠償額としてある程度の金額を請求することになりますが、交渉の中でさらに請求することができることが判明したり、弁護士との相談で大幅に賠償請求額を増額したりしてしまうと、加害者の側としては最初の提示額とのあまりの開きに不信感を持ってしまうかもしれません。加害者としても支払える金額には限りがあり、事故を起こしてしまった罪悪感はあるものの、不当な賠償額は支払いたくないという気持ちも当然わいてきます。交渉の度に増額していく請求額を見ると騙されていると感じて交渉が決裂してしまうこともあるでしょう。そうなると裁判で争うことになり、さらに時間と労力がかかることになります。

そこで示談交渉をする前に弁護士とよく相談して、大体の相場を把握しておきましょう。そしてその相場となる金額よりもわざと高い金額で1回目の示談交渉に臨みます。当然加害者側はすぐには了解しないかもしれませんが、何度か交渉を重ねるたびに。少しずつ減額していけば、加害者の心理的に同意しやすくなるでしょう。