交通事故で慰謝料を請求する方法

気を付けていても遭遇してしまう可能性のあるのが交通事故です。交通事故は軽度なものであったとしても日常生活を変えてしまうこともあり、慰謝料の請求などの、その後の対応に失敗すると損失も大きくなることもあります。そこで、交通事故にあった場合の慰謝料の請求について理解しておきましょう。

交通事故にあった場合の慰謝料の請求可能金額は、交渉次第で大きく異なります。もしも増額したい場合にはまずは弁護士に相談しましょう。一般の人が保険会社と慰謝料の請求をしようとしても、まともに扱われることはまずないといってよいでしょう。そこで、弁護士にまず相談し、十分な慰謝料を請求することが得策です。場合によっては数百万円も慰謝料を増額することができたケースもありますので、最初に提示された額で安易に了承しないようにも注意しましょう。相場としては、自賠責保険による損害賠償の相場額は15万円ほど、任意保険の場合には60万円ほどといわれています。

慰謝料には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準が存在しており、弁護士基準で検討した際の慰謝料が一番全体の額に影響を及ぼします。個人の状況によって慰謝料の適切な額は変わってくるため、慰謝料の請求が得意な弁護士をネットなどで検索し、十分に交渉する力のある弁護士を選択しましょう。こうした行動はその後の生活にも影響を与える大切なことですので、交通事故後は何かと大変ですがこの点でもしっかりと対応できるようにしておきましょう。