示談交渉のコツ

損害賠償額を決定するうえで、示談交渉を行うことになります。示談交渉は被害者の好きなタイミングで行うことができます。ただし行う前に十分な準備をしておくことが示談交渉をうまくすすめるポイントになります。通常被害者の側から、賠償額としてある程度の金額を請求することになりますが、交渉の中でさらに請求することができることが判明したり、弁護士との相談で大幅に賠償請求額を増額したりしてしまうと、加害者の側としては最初の提示額とのあまりの開きに不信感を持ってしまうかもしれません。加害者としても支払える金額には限りがあり、事故を起こしてしまった罪悪感はあるものの、不当な賠償額は支払いたくないという気持ちも当然わいてきます。交渉の度に増額していく請求額を見ると騙されていると感じて交渉が決裂してしまうこともあるでしょう。そうなると裁判で争うことになり、さらに時間と労力がかかることになります。

そこで示談交渉をする前に弁護士とよく相談して、大体の相場を把握しておきましょう。そしてその相場となる金額よりもわざと高い金額で1回目の示談交渉に臨みます。当然加害者側はすぐには了解しないかもしれませんが、何度か交渉を重ねるたびに。少しずつ減額していけば、加害者の心理的に同意しやすくなるでしょう。


交通事故で慰謝料を請求する方法

気を付けていても遭遇してしまう可能性のあるのが交通事故です。交通事故は軽度なものであったとしても日常生活を変えてしまうこともあり、慰謝料の請求などの、その後の対応に失敗すると損失も大きくなることもあります。そこで、交通事故にあった場合の慰謝料の請求について理解しておきましょう。

交通事故にあった場合の慰謝料の請求可能金額は、交渉次第で大きく異なります。もしも増額したい場合にはまずは弁護士に相談しましょう。一般の人が保険会社と慰謝料の請求をしようとしても、まともに扱われることはまずないといってよいでしょう。そこで、弁護士にまず相談し、十分な慰謝料を請求することが得策です。場合によっては数百万円も慰謝料を増額することができたケースもありますので、最初に提示された額で安易に了承しないようにも注意しましょう。相場としては、自賠責保険による損害賠償の相場額は15万円ほど、任意保険の場合には60万円ほどといわれています。

慰謝料には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準が存在しており、弁護士基準で検討した際の慰謝料が一番全体の額に影響を及ぼします。個人の状況によって慰謝料の適切な額は変わってくるため、慰謝料の請求が得意な弁護士をネットなどで検索し、十分に交渉する力のある弁護士を選択しましょう。こうした行動はその後の生活にも影響を与える大切なことですので、交通事故後は何かと大変ですがこの点でもしっかりと対応できるようにしておきましょう。


損害賠償の種類とは

慰謝料の種類には3つあります。まずは、後遺障害慰謝料と呼ばれるものです。後遺症として認められるのは交通事故が原因となり治癒せずに残ってしまった機能障害、神経症状などのことを指します。交通事故に合うとよく言われるむち打ちの症状などの比較的軽微なものから歩行することができなくなってしまったという重度なものまでこの後遺障害慰謝料の適用に該当します。後遺障害慰謝料とは、その治療費に対する補償というよりは、残ってしまった障害に対する精神的な障害を賠償する目的で支払われます。

また、入通院慰謝料というものもあり、これは病院に通うことや入院することを余儀なくされた被害者に対して支払われる賠償です。いわば事故によって生活を変えてしまったことに対する迷惑料の要素が強い慰謝料です。最後に、死亡慰謝料があります。死亡慰謝料は亡くなった本人に対するものと残された家族に対するものがあり、それぞれがさらに細かい基準に基づいて定められます。こうした慰謝料の正当な請求は知識のない素人では難しいため、弁護士による交渉を依頼するほうが良いでしょう。いずれにしても、交通事故によって生じたいかなる損害に対してもしっかりと賠償、慰謝料を支払ってもらえるように適切に動くことが大切です。